赤ちゃんやお子様の成長にもいいウォーターサーバー

ウォーターサーバーは、いつでも好きな時に冷水や温水が飲めるのが、大きなメリットです。そして、その冷水や温水のもとである「水」の種類がとても豊富なのをご存知でしょうか。先ほどお伝えした通り、ウォーターサーバーの水の種類は大きくは2種類あります。自然の成分が豊富な「天然水」と安全性の高い「RO水」です。この水の特長をそれぞれお伝えしますが、赤ちゃんの成長に合わせて使い分けると、赤ちゃんの健康にとてもいいのです。

天然水は文字通り天然のお水で、産地とともに天然水であることが表記されることで採取した場所もわかるようなものが多いです。これらはミネラルやカルシウム、マグネシウムが含まれていて、健康維持に役立つさまざまな栄養成分が豊富です。一方のRO水は熱処理による殺菌の他にフィルターを通して不純物を除去した安全性が非常に高い水で、採取した場所を特定していません。

赤ちゃんの時期で特に粉ミルクを飲む時期は、ウォーターサーバーの水の成分に注意が必要ですので、それについては、後ほど詳しくお話しします。ここでは、離乳食をはじめは赤ちゃんからお子様のメリットについてみていきましょう。食事がとれるようになった赤ちゃんやお子様にとって必要なのはなんといっても「ミネラル」です。赤ちゃんやお子様はとにかくよく動いてよく汗をかきます。汗をかいたときは体からたくさんの水分と一緒にイオンやミネラルが出て行ってしまいます。そこで、ミネラルが豊富なウォーターサーバーの天然水を選んで利用することで、赤ちゃんに不足しがちな栄養素をスムーズに摂取できるようにしましょう。ウォーターサーバーの水は、成分がしっかりと記載されているので、赤ちゃんやお子様に必要な栄養素を摂れますし、容量もチェックすれば、1日に必要な栄養素を計算して摂ることも容易になるのでおすすめです。